空想地図学会に行ってきました(前編)

この記事は2019年12月21日に八王子で行われた空想地図学会の個人的まとめです。ちゃんとしたまとめはtogetterにあがっているので、全容を知りたい方はこちらをチェックしていただくかTwitterでハッシュタグ「#空想地図学会」で検索してみてください。

いやあ本当楽しかった。関東行ったかいがあったね。

なんかどうしても敷居高いじゃないですか。「空想」の「地図」の「学会」じゃないですか。多くの方にしてみれば敷居の高い単語が3つも並んどるわけじゃないですか。でも実際はそんなガチガチしたものじゃなくて、例えば人って生きてればいろんなこと思いますよね。家から会社まで新幹線通してほしいな〜とか。友達とご飯に行くことになって、友達はチーズタッカルビが食べたいって言ってるけど自分はマシマシラーメンの気分だなあとか。でもさっき買い物付き合ってくれたからご飯ぐらい友達の行きたいとこ行くか〜〜みたいな。

そんなことを考えたことあるならたぶん空想地図は楽しいです。第2回参加しましょう。

自分の理想を描くもよし、人間同士のゴタゴタを表現するもよし。それを人に愚痴って発散する人もおれば曲を作ったり絵を描いたりで表現する人もおれば地図に表すことで可視化しようとする人もおるわけです。

そこでそんな地図好きの人やら空想地図興味ある人やらが集まってわちゃわちゃする会が今回開かれたわけです。

作曲好きの人や音楽好きの人が集まって、「こんな曲つくってみました!」「\いいね〜/」「イントロのここのこだわりたまんないね〜」「そこ気づいてもらえるの最高です!」「日本人の作る曲は無自覚のうちにビートルズの影響を・・・」「いまつくってる曲の最後のサビどうするか悩んでるんだよね〜」「こっちのほうがいいと思う!」「いやいや最後のサビだしこっちの方が〜」・・・

いや知らんけど。でも空想地図学会もたぶんそんな感じでした。今回は参加者28人のうち半分ちょっとの方が発表。発表してない方もズバズバ鋭いコメントがもうすんごかった。

長くなりましたが以下感想です。なお当日のことを思い出すにあたって、かぜみなさん(Twitter:@kazemina_)さんの実況ツイートが大変参考になりました。この場を借りてお礼申し上げます。

①タカマスさん

Twitter:(@nao_math)

けっこういろんなことをされている方で、例えばゼンリンの3D地図とVtubeをあわせて道案内動画が作れるんじゃないかーとか、他にも色々。

その説明をしていく上で、「みなさんが空想地図をどうやって(何のソフトで)作っているのか知りたい」とのこと。聞いてみると、やはり多いのはIllustrator。Inkscape、QGISもちらほら。そしてこのあと紹介するが、手描きのみという方も少なくなかった。

個人的な感想だが、ソフトにお金をかけるのが難しいうちはInkscapeで十分だと思う。一通りの機能は使えるのでその気になればTwitterに載せるぐらいの空想地図は作れるし、何より無料だし。手描き地図をやりたい!って方はそれはそれで素晴らしいと思うが、手描きだと修正するのめんどくさい!って方はとりあえずInkscape試してみればいいと思う。

②なかみねさん

Twitter:(@sha_ken_mogri)

続いても空想地図作者ではない人。だがそれがいい。広い分野から人が集まってくるほど楽しい。(ので皆さん第2回行きましょう)

テーマ:東京の新聞記者が名古屋で小説を書いたら架空地図ができていた件

パワポによるスライド。小説の中に名古屋郊外の架空の大企業を登場させたばっかりに、小説の内容を忠実に再現していくと、「こんなでかい企業があるなら東名高速道路はこのルートのはずだ!」「新幹線はこうなる!近鉄はこうなる!」→日本の様相ががっつり変わる。濃尾平野にでっかい森林が出現(!?)

いやもうこれ空想地図じゃんか。もしここがこうだったら・・・っていう架空設定を一個入れると、じゃあここはこうなる、ここはこうなる、ってどんどん変わっていく。ベースが実在する地域なぶん初めての方も親しみやすいし。

特に都市の空想地図は、「この地形でここにお城が作られたら現代はどんな街になってるでしょーか!?」の思考実験みたいな感あるし。やってることほんま一緒。

この思考プロセスって数学(自分の専攻)もだし、たぶんいろんなものに通じる。

③おも地理さん

Twitter:(@kzm__4)

人と話すとその人が読んできた本がわかるとか、この曲つくった人絶対○○の影響受け取るよね〜とか。前にもツイッターで書いたけど、この方の地図は北海道愛がめっちゃ感じられる地図なんよね。僕も北海道好きだし(今年は3回行った)、この街(姫浜市)の人口規模も大好きだしでどストライク。

これまたツイッターにも書いたんだけど、だからこそあえて姫浜市と札幌市を比べてみるとより姫浜市を深く味わえるんじゃないかと思っている。例えば大通りの向き。札幌はJRに並行だけど、姫浜は駅からまっすぐ大通りが伸びている(これはむしろ旭川に近い)。あと姫浜には私鉄があるんだなあとか、そういえばここは雪が降るのか?とか。雪が降るかどうかで道路幅も大きく違ってきますしね(雪を寄せておくためのスペース)。

完成楽しみだなぁ〜。どんな感じになるのか今から楽しみ。

当日のうちに北海道に戻る必要があったらしく、途中で帰っていかれたおも地理さん。彼が帰った後もいくつか道民ホイホイな地図があったし、僕の地図の手描きver.もぜひ見ていただきたかった。近いうちに北海道で空想地図の集まりをやるかもとのことで、ぜひ参加させていただきたい。

④ねりけしさん

Twitter:(@snkisk_s)

4人目にして初の生原稿。テーブルの上に地図を並べてみんなでわいわいやるシステム。それに並行して前のスライドで自己紹介やら街(羽宮市)の紹介やら。もともとは京都の架空の地下鉄路線である東山線をつくったり、新京阪をもっと伸ばしてみたりしてたみたい。

自分も広島に地下鉄を10路線ぐらい妄想で書き込んでみたりめっちゃ都市高速走らせたりしたもんだ。知識をつけていくにつれてそれがいかに無茶な計画かを悟る。そして本格的な空想地図を作るようになっていく。

でも一周まわって現実付加型の空想地図もやりたいなあ。それはそれで違う楽しさがあるし、何より地元の方が入り込みやすい。

ねりけしさんの描かれている羽宮市は人口300万とのこと。社会人ということで時間も限られてくるだろうが、これからも羽宮市の地図が進化していく様子が見たい。

⑤ますば

Twitter:(@34mapth)

わし。人前で地図を見てもらうというのが初めてだったので結構ドキドキした。それだけに地図を並べていくうちに「お〜〜」と歓声があがったのが嬉しかった。

空想地図は物心ついたときからつくっていたが、今回持っていった威津市を作り始めたのは大学一年生頃。最初は京都の影響も強く受けていたが、度重なる改訂でその面影はもはやない。国鉄駅の北2kmぐらいに繁華街があるのが唯一の名残か。

継続的に地図を描いていたわけでもなく1年ぐらい何もしないこともザラにあり、ふと地図を載せようと思い立ってツイッターのアカウントをつくるも作ったころにはモチベーションがなくなり〜となんだかんだあってもう大学4年生である。

1600年の威津をかく→それをベースに1650年の威津をかく→・・・ってのを地道にやってたせいで描画スピードめちゃ遅いし、描画範囲が広がると結局辻褄が合わなくなっちゃうし、といろいろ問題を抱えてはいる。しょうがないので細かいことを気にせずどんどん進めて大学生のうちに最低限の形に仕上げておきたいと思っている。

海峡の鉄道橋の位置についてご指摘いただいて、ごもっともだと修正しようとしたところ、イラレ版では修正済みだった。手描き版には反映されてなかったみたいです。失礼しました

と、ここまでが空想地図学会Aブロック。記事も長くなってきたのでこのへんで分割します。続きはこちら→中編

空想地図学会(前編中編後編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です